海藻・乾物

  • アーモンド
    アーモンド
    648円
    100g

    パレスチナ産の生アーモンドです。

    以下パレスチナオリーブHPより

    ローストしていない乾燥させただけのアーモンドで、そのまま食べられます。大きめの実で風味豊かです。「ウンム・ル=ファヘム」というパレスチナの村の名前がついた地元種の品種です。

    それだけ食べても、食べ始めると止まらない味ですが、サラダなどに加えるといっそう美味しく食べられます。アーモンドは、一般的に、ビタミンや鉄分が豊富と言われています。また、オリーブオイルと同様に、悪玉コレステロールを減らすポリフェノールやオレイン酸を多く含んでいるそうです。

    ガリラヤ地方の南、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)と接するワディ・アーラ地方のイクサール村の農家で栽培され、ガリラヤのシンディアナが包装、出荷しています。

  • ヘンプナッツ 麻の実
    ヘンプナッツ 麻の実
    2,300円
    250g

    オーストラリア産のオーガニックヘンプナッツです。
    豊富なビタミンとミネラルを含むスーパーフードとして注目の食材です。

    美容に効果的な必須脂肪酸オメガ3と6も豊富。

    中国のご長寿の村では、この麻のみを毎日40g摂取しているとか

    Bama-Hempseed 巴馬の火麻  

    サラダやパスタ、ご飯、アイスクリームなどなど、いろいろなものにそのまま振りかけたり、ナッツとしてそのまま食べるのも◎
    ゴマのように野菜の和え物もおいしいです。

  • 佐賀県産 原木干しシイタケ
    佐賀県産 原木干しシイタケ
    864円
    BIG FAMILYのお隣のシイタケ農家さんの干しシイタケです。

    原木となるクヌギの栽培から始め、春には毎日「コンコンコン」と菌打ちの音が響きます。

    美しく原木が並べられた森の中はとても気持ちの良い空間です。

    本当に働き者の農家さんで、口数少なく、淡々と様々な作業を行う姿はとってもかっこいい!

    尊敬する大先輩です。

  • 小浜島のもずく 大袋
    小浜島のもずく 大袋
    1,080円
    1.1kg入りのお得用です。

    私がモズク大好きなのと、友人の紹介もあって、
    沖縄・八重山諸島のモズク屋さんから送っていただいています。

    しっかりと塩漬けされているので、常温で保存可能です。

    何度か水を変えながら、塩抜きをしてから調理されてください。

    そのままポン酢で食べたり、スープやお味噌汁に入れたり、
    モズクのかき揚げもおいしいです。

    売り上げの一部は、沖縄辺野古の海を守る「辺野古基金」へカンパさせていただいています。
  • 小浜島のもずく 小袋
    小浜島のもずく 小袋
    324円
    300g入り

    私がモズク大好きなのと、友人の紹介もあって、
    沖縄・八重山諸島のモズク屋さんから送っていただいています。

    しっかりと塩漬けされているので、常温で保存可能です。

    何度か水を変えながら、塩抜きをしてから調理されてください。

    そのままポン酢で食べたり、スープやお味噌汁に入れたり、
    モズクのかき揚げもおいしいです。

    売り上げの一部は、沖縄辺野古の海を守る「辺野古基金」へカンパさせていただいています。
  • 無酸処理バラ干しノリ 紫彩
    無酸処理バラ干しノリ 紫彩
    550円
    15g入り

    大川の海苔漁師、古賀哲也くんが、大事に育てた海苔を海の香そのままにバラ干しして作る「紫彩」

    風味豊かな一番摘みの海苔のうまみと香りがぎゅっと詰まっています。

    そのままおつまみや、ゆでた青菜などと海苔和え、パスタやサラダのトッピング、
    おみそ汁やスープに。使い方は自由自在です。




  • 無酸処理板ノリ 藻紙
    無酸処理板ノリ 藻紙
    514円
    大川の海苔漁師、古賀哲也くんが、大事に育てた海苔を板状にして乾燥させた板ノリです。



    畑で言う農薬のような、「酸処理」をしていない海苔漁師は全国的に見ても
    とても少ないそうです。

    寒い冬が、海苔仕事のシーズン。
    海苔漁の様子も詳しく書かれていますので、アリアケスイサンのFBページもぜひのぞいてみてください!



  • 祝島のてんぐさ
    祝島のてんぐさ
    400円
    20g

    山口県上関町にあるハートの形をした祝島で採れるテングサです。

    ところてんや、羊羹の材料になります。

    使い方は、袋に貼っていますので参考にしてみてください。


    祝島は対岸4km先に、上関原発を建設する計画があり、30年以上反対を続けています。私も10年ほど前から応援のために祝島の商品を販売しています。ほかに、ビワ茶、ひじき、ふのり、あおさなどがあり、どれもとてもおススメです。
  • 祝島のひじき
    祝島のひじき
    1,080円

    100g入り

    山口県上関町にあるハートの形をした祝島で採れるひじきです。

    祝島の特産品として一番人気の商品です。

    2月から3月の大潮の深夜に収穫作業が行われるそうです。

    収穫したひじきは、そのまま大きな鉄鍋で何時間も薪火でゆで上げ、
    網に並べて海風に当てながら乾燥させます。

    すぐにゆでるせいか、とても柔らかく、水戻ししただけでも食べられるくらいです。

    塩が強いので、何度か水を変えて洗ってください。

    ひじきは鉄分が多く、他微量栄養素もたっぷりです。
    ぜひ、常備食として活用ください。

    毎年人気ですぐになくなってしまいますので、お早めにご注文ください。


    祝島は対岸4km先に、上関原発を建設する計画があり、30年以上反対を続けています。私も10年ほど前から応援のために祝島の商品を販売しています。ほかに、ビワ茶、ひじき、てんぐさ、あおさなどがあり、どれもとてもおススメです。
  • 祝島のアオサ
    祝島のアオサ
    400円
    15g

    山口県上関町にあるハートの形をした祝島で採れるアオサです。

    アオサは、収穫した後、砂を洗う作業がとても大変。
    なのに、乾燥するとほんの少しになってしまうそうです。

    アオサは私も大好きなのですが、
    祝島のこいわい食堂を営むたかこさんが、島に移住して漁師を始めたマコトさんと
    二人で、私へ送ってくれるために(!)アオサを収穫して、頑張ったけど
    「これだけしかできなかったー・・・涙」と送ってくれた貴重なアオサです。

    私も近くなら、一緒に収穫に行きたかった!

    だけど、海藻ごとに処理の仕方が違って、教えてくれる先輩方によっても、
    特にヒジキなんかはゆで方などに細かいこだわりがあるそうで、
    「なかなか面白いし、勉強になるよ~~◎」と楽しんでいる様子でした。

    祝島は対岸4km先に、上関原発を建設する計画があり、30年以上反対を続けています。私も10年ほど前から応援のために祝島の商品を販売しています。ほかに、ビワ茶、ひじき、てんぐさ、ふのりなどがあり、どれもとてもおススメです。
  • 祝島のフノリ
    祝島のフノリ
    1,080円
    50g入り

    山口県上関町にあるハートの形をした祝島で採れるフノリです。

    フノリは、体の中の老廃物を排出する働きがあり、マクロビオティックなどでは、
    よく利用される食材なのだそうです。

    我が家ではよく、お椀にちぎって入れて、お味噌汁を注いで飲みます。

    ラーメンの具や、さっと水で洗って海藻サラダ。
    祝島でこいわい食堂を営むたかこさんのおススメは、
    野菜と炒めると、トロリとしてこれまた美味です。

    祝島は対岸4km先に、上関原発を建設する計画があり、30年以上反対を続けています。私も10年ほど前から応援のために祝島の商品を販売しています。ほかに、ビワ茶、ひじき、てんぐさ、あおさなどがあり、どれもとてもおススメです。
1

(カテゴリー内:11点)