• 茶レンズ豆
    茶レンズ豆
    151円
    レンズのように真ん中が膨らんだ平べったいおまめです。

    小さいので、水に漬けず、いきなり水から茹でても20分ほどで茹であがる
    ので、思い立った時にさっと使えて便利です。

    インドでは「ダル」と呼ばれていて、ダルスープ、ダルカレーなどよく食べられるそうです。

    粒粒が、ひき肉のように見えて、子供たちはよく騙されて食べてます。笑
    ひき肉のように、ミートソース風や、タコス風なんかもおいしいですよ。


    【ダルスープ】
    ①柔らかく茹でたレンズマメをジューサーで滑らかにすり潰す
    ②鍋に戻して、豆乳(or牛乳)を加え、温めます。
    ③沸騰する前に、塩コショウで味を調えてできあがり。

    豆をゆでるときに、炒めた玉ねぎや干しシイタケなど加えてもおいしいです。


  • ひよこ豆
    ひよこ豆
    172円
    ちょこんと口ばしのような突起がひよこのようにかわいい、ひよこ豆。

    一晩水に浸してから茹でます。

    ホクホクとジャガイモのようなボリューム感があります。

    茹でたひよこ豆をマッシュしてポテトサラダ風。

    マッシュしたひよこ豆に、小麦粉、塩を足して握り揚げしたファラフェルは
    中東の代表的なお料理です。

    茹でたひよこ豆をそのまま、クミンやカレーのツボなどと一緒に炒めたものも
    おつまみや、おやつにぴったりです。

    カレーや、ご飯に一緒に炊きこんでもおいしいです。

    大豆は発酵させないと陰性で体を冷やす性質があるそうですが、
    ひよこ豆は陽性で体を温めてくれるそうです。
  • ムング豆
    ムング豆
    216円
    緑豆とも呼びます。

    春雨や、もやしの原料になります。

    緑色の小豆という感じで、実際高知では、緑豆でぜんざいを作るそうです。
    ムング豆も、インドではよくカレーに入れて食べるそうです。

    すぐにゆであがるので、水に漬けずに20分ほどで茹であがります。

    ミネストローネなどのスープや、ご飯に混ぜて炊いてもおいしいです。




  • 赤レンズ豆
    赤レンズ豆
    230円
    レンズの形をした平べったい形のお豆です。

    小さいので、水に漬けずにいきなり茹でて20分ほどで柔らかくなります。
    赤いきれいな色なので、ポテトサラダや豆サラダの彩りや、
    スープに入れてもきれいです。

    ペーストにして、レンズマメの餡子もおいしいです。
    甘くせずに、ニンニク、オリーブオイル、塩で味を調えたものも、パンに挟んだりして食べるとおいしいですよ。
    これに、小麦を足して、豆のハンバーグなどなどアレンジ次第でいろんなお料理に大変身です(^^♪


  • 黒豆
    黒豆
    232円
    北海道の秋場農場の自然栽培黒大豆です。

    炒ってビンに保存しておき、ごはんと一緒に炊くと、水に浸さずに使えるので便利です。

    黒豆のゆで汁は血液をサラサラにするそうで、お客様の中にも黒豆茶を愛飲されている方もいらっしゃいます。

    もちろん、茹でた豆は、サラダや、ニンニクやオイルとペーストにしたり、
    おいしく食べられます。

    去年、佐賀の農家さんの黒大豆をたくさん分けてもらい、
    お客様方にも黒大豆味噌を作られた方もいらっしゃいました。
    黒っぽいお味噌になりますが、おいしいお味噌です。


  • 手亡
    手亡
    243円
    白い小さなインゲン豆です。

    「手亡」というのは、ツルが無い、支柱(手)がいらないという意味です。

    白あんの材料にもなります。

    小さな豆なので、いきなり茹でても柔らかく茹でられますが、
    少し水に浸してから茹でると早く茹であがります。

    お出しがよく出るので、シチューやスープ、キャベツとの炒め物など本当においしくできます。

(カテゴリー内:18点)