雑貨

  • ムーンクリーム
    ムーンクリーム
    1,620円
    宮崎に住むカナダ人のマリーズさんが作る手作りのクリームです。

    冬の乾燥時期はモイスチャークリームをお勧めしていましたが、
    暖かい時期は、こちらのムーンクリームがお勧めです。

    ビワや藍、オオバコなど殺菌作用のある植物が配合され、夏場でも腐りにくいです。

    ただ、手作りなのでできれば冷蔵庫など涼しいところで保管するのがお勧めです。

    コクムバターは、インドの中央東部地域に育つコクムと呼ばれるガルシニアインディカの果実からとれるそうで、保湿性と、高い酸化安定性があるそうです。

    シアバターは、アフリカの乾燥地帯に自生するカリテという木の実から採れる油脂で、紫外線の強いアフリカの女性たちにも人気のバターで乾燥や紫外線から肌を守ってくれる働きがあるそうです。また、熱いアフリカでも腐りにくく、保存性に優れています。

    アフリカのジャンべ叩きたちも、このカリテを演奏の前後に手に塗り込んでいました。傷にも効果があるようです。

    材料はすべてマリーズが自信をもってお勧めする素晴らしい材料ばかりで、オオバコやビワなど、自分の庭で育てた植物も配合されています。

  • 無漂白ネル生地
    無漂白ネル生地
    1,080円
    無漂白のネル生地です。

    布ナプキンを作るのに大きなロットで在庫しています。

    ミシンが無くても、手縫いで自分でも簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

    1mの布で、大中小が2セットできるのでかなり経済的です。

    今や布ナプキンも随分認知されてきましたが、まだ使ったこと無い方もいらっしゃるかも。

    女性には毎月やってくる月経。

    私もしばらくは知らずに使い捨てのナプキンを使っていました。

    けれど、ごみは出るし、化学物質もなんだか気持ち悪い。

    と思っているところに、布ナプキンに出会いました。

    このネル生地はほわほわ、とっても柔らかくて気持ちいい。

    そして、洗って何度も使えるので経済的。

    現代女性に多い子宮筋腫などの病気も、使い捨てナプキンからでる
    化学物質が影響しているというデータもあるそうです。

    また、明治くらいまで女性たちは、月経コントロールができて、
    何も当て物をせずに、トイレで自分で排出することができたそうです。

    布ナプキンを使うことで、自分の体、しかも女性にとっては大切な子宮を守り、
    自分でコントロールすることができるなんて素敵じゃないですか?

    もちろん、柔らかくてとても気持ちがいいので、ふんどしや、赤ちゃんの小物を作るのもおススメです。

    希望があれば、布ナプキン作りのワークショップもできますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。


  • パーニュ巾着袋 大
    パーニュ巾着袋 大
    864円
    ケニア・ナイロビで子供たちを集めて寺子屋を運営している早川千晶さんより

    スラムに住むお母さんたちが手作りしています。

    売り上げの一部が、子供たちの給食費など生活費として使われます。

    サイズ 約18cm×26cm(袋の内寸は18cm×18cm)
  • パーニュ巾着袋 大
    パーニュ巾着袋 大
    864円
    ケニア・ナイロビで子供たちを集めて寺子屋を運営している早川千晶さんより

    スラムに住むお母さんたちが手作りしています。

    売り上げの一部が、子供たちの給食費など生活費として使われます。

    サイズ 約18cm×26cm(袋の内寸は18cm×18cm)
  • パーニュ巾着袋 小
    パーニュ巾着袋 小
    648円
    ケニア・ナイロビで子供たちを集めて寺子屋を運営している早川千晶さんより

    スラムに住むお母さんたちが手作りしています。

    売り上げの一部が、子供たちの給食費など生活費として使われます。

    サイズ 約16cm×16cm
  • パーニュ巾着袋 小
    パーニュ巾着袋 小
    648円
    ケニア・ナイロビで子供たちを集めて寺子屋を運営している早川千晶さんより

    スラムに住むお母さんたちが手作りしています。

    売り上げの一部が、子供たちの給食費など生活費として使われます。

    サイズ 約16cm×16cm

(カテゴリー内:22点)